TOPバイオリン入門>バイオリンとは
バイオリンとはバイオリンについて
バイオリンという楽器の、はっきりとした起源、発明者はわかっておりません。
7,8世紀に、擦弦楽器の一つとされるレベック(Rebec)などが段々改良され、15世紀の末期にはビオール(Viol)が出来て、イタリアのガスパロ・ダ・サロ(Gasparo da Salo)により大体今の形になったといわれています。

既に16世紀中ごろには、楽器本体は、現在のバイオリンとほとんど変わらない、高度に完成されたものが出来上がっていたとされています。

その後1680年以後、クレモナの黄金時代にはN.アマティ(Nicola Amati)、A.ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)、G.グァルネリ(Giuseppe Guarneri)という製作家たちが手がけたバイオリンが現在でも、最も良い楽器「名器」として受け継がれています。

各部の名称 バイオリン 弓
このページのTOPへ