TOP鈴木バイオリンについて鈴木政吉物語>story 1
人生をバイオリンに賭けた楽器製造界の熱き創造者鈴木政吉物語
宿命ともいえる転職への準備期間

鈴木政吉は、安政六年(1859)、現在の名古屋市東区宮出町に生まれます。
父正春は尾張藩士でしたが、乏しい家禄だけで生計をたてるのは困難で、 細工好きの腕を琴・三味線作りの内職に役立て、どうにか家族六人を養う身の上。 長兄は夭死し、次男政吉は奔放に育ちました。

八歳から三年ばかり漢学を習った後、さまざまな勉学に励みますが、時代の流れと共に維新の政変と貧乏とにさいなまれ、就学のすべを失います。
同じく家禄も奪われ、内職を家業にくら替えして、武士の商法に打って出た父親の手助けをすることになるのです。

家業手伝いの二年が過ぎた十四歳に政吉は、従姉の嫁ぎ先である東京浅草の塗物商・飛騨屋の奉公人として上京します。奉公生活は主人夫婦がそろって亡くなるまでの約三年間でしたが、日々の酷使を、天がくれた試練と受け止め、貴重な体験をしていきました。
また深夜には人目を盗み、読売仮名付新聞で文字を覚えたり、必死に記帳、発信の基本を自習したとも言われています。
そんな日常や、塗りの感覚や日毎夜毎に養い鍛えた生活が、かけがえのない財産となり将来の バイオリン製作に生かされることになるとは思いもしなかったでしょう。

3年後帰郷し、家業の三味線造りの下職に従事する政吉は飛騨屋仕込みの早起遅寝で奮闘し、翌年には父から一家をまかされるようになりますが、大工の半分くらいしか稼げぬ苦境が続いていました。
唯一、仕事に対する面白さだけを糧に、苦境に耐えながらも努めますが、明治17年には父が病死してしまいます。
その後の不況は格別にこたえ、また鹿鳴館の鼓動が容赦なく和楽器の需要難に拍車をか けてくるのでした。

このページのTOPへ
運命の出会い

そんな苦境の中、政吉は高給が望める音楽教師になることを思うようになります。
父の奨めで長年稽古していた長唄の素養を生かせば教師になることが可能だと聞き、稽古仲間のつてで、愛知県師範学校音楽教師恒川鐐之助の門を叩きました。

入門後程なくして、運命の出会いをすることになります。政吉は同門の甘利鉄吉から和製バイオリンを見せられ、たちまちそれに魅了されてしまうのです。
徹夜でそれを模写し、一週間で仕上げ、苦心のバイオリン初作を恒川に見せました。
そしてその嘉賞と激励とを励みに手掛けた第二作が売れ、注文も舞い込んで、助手数名を雇うようになったのです。明治20年初頭のことでした。

数ヵ月後、岐阜県師範学校に本物の舶来品があると知り、政吉は自作を携行してこれに一騎打ちの比較を挑みます。

政吉第1号のバイオリン

結果は、見事な惨敗。 しかし、その舶来品のバイオリンは、日本の梅雨の湿気にやられて板がはがれていました。 何とその修理を政吉がまかされたのです。その際彼が、宿敵の正体を思う存分模写したことは いうまでもありません。その作業に夢中になるうち、いつしか政吉の胸にはこの仕事を天職とする 思いが、あたかも天の導きのようにわき起こってきたのです。


このページのTOPへ